朝食抜きや一日2食はダイエットに向いていることが判明

ダイエット 朝食抜き
Aさん
糖質制限はずっと続けて頑張っているんですけど、最近は体重減少が頭打ちというか…

ダイエット中はこういう停滞期は付きものって聞いて理解はしてても、やっぱり早く痩せたくて…それで「食事を抜く」っていう手段が単純な発想なんです。

でも、一食を抜くと一食の量が増えるって言いますよね。私、我慢できるかなって…。

応援団長
そうですね。

人間は代謝の生き物なので、一食を抜けばその分の栄養が不足している状態になって、次の食事の際に、2食分の量を食べてしまったりというケースは実際にあります。

まあこの点は、ダイエットは我慢を全くしなくてよいものではないですから、多少の我慢と、あと食事の内容で折り合いをつけたいところです。

で、今回はとりあえず、「食事を抜くこと」自体はダイエットにとって問題がないのかどうか、ということにフォーカスしてみますね。

アスリートが実際に食事一食二食を抜くということを実践していて、参考になると思います。

抜くなら基本「朝食」のワケ

一流のアスリート、しかも名立たる選手たちの中にも、絶対に朝食は食べないというこだわりを持っている人たちは少なくありません。これは、医学や栄養学的視点で、「内臓を休ませてあげる」「早朝は排泄のタイミングだから食事から栄養を摂取するのではなく、排泄の為の何かしらの摂取をするのみ」という明確な目的があるのだそうです。

ダイエット目線でも、健康的な排泄によって体重が落ちたり、便秘を回避して体調管理したり、運動しやすい素軽い状態を維持したりすることはとても良いことですよね。

また、体内に無駄な排泄物が蓄積された状態が続くと代謝にも悪影響を与える為、ダイエット中の朝食抜きはどちらかというと良い影響を与えると考えることができます。

Aさん
でも、一日のエネルギーを一番摂取しないといけないタイミングって朝食なんじゃ。

貧血の心配もあるし…。

応援団長
それがですね、実はそういうわけでもなく、研究結果によると、朝食を抜くと貧血になる原因である低血糖状態に必ずしもなるわけではないんです。

基本的には、人の体は危険を察知すると何かしらの代替機能が発動するようになっているんです。

Aさん
というと??
応援団長
ブドウ糖が不足すると血糖値が著しく下がるわけですが、この状態になった時に食事を摂取しない場合は、体内の老廃物のひとつ「β(ベータ)ヒドロキシ酪酸(らくさん)」というものを、エネルギーとして替わりにあてがうんです。

よくできていますよね。

しかも老廃物を使ってくれるなんて!!

で、朝食を抜こうが問題ないということで、排泄に集中する為に水分やヨーグルト程度で済ませるんだそうです。

昼以降の食事を、朝食を抜いたからといって過剰に食べ過ぎなければ、朝食抜きはどちらかというとダイエットに効果的ということがこれで分かりましたね!!

ダイエットの為に早速スタート「朝食抜きの一日二食」

応援団長
善は急げ。早くダイエット効果を出したいなら、今日明日の朝から朝食抜きを実際に取り組んでみましょう。

これは押さえておきたい「朝食抜き一日二食」の要点注意点

  • 昼食抜きはしない!
  • 起きたらまずコップ1杯の水を飲む!
  • 朝起きてから昼食のタイミングまでに500ml以上の水を飲むようにする!
  • 一日を通して水分はしっかり摂取!(1日2リットルが目安です!)

※身体的に医師から指摘を受けている人は朝食抜きをやっていいかどうか、必ず確認してください

ダイエット中の注意点としていつもお伝えしていますが、水分だけは本当にしっかりと摂るようにしましょう。また、水分とはいっても、コーラやオレンジジュースという類の水分は禁止です。水といえば極論ですが、なるべくは糖分の少ない水分を摂取することは必須です!

また、体内が水分不足になると便秘の原因にもなる為、水分不足がダイエットに悪影響であることも、いつもの注意点ですよね。

便秘でダイエット効率を下げてしまわない為にも、水分はしっかり摂取するようにしてください。

とはいえ、朝食を実際に抜いた時に貧血になる人は、しっかりとまではいかなくても、軽食を摂取するようにはしたほうがよいです。ダイエッター=アスリートではない為、一日に必要とする摂取カロリーや栄養素も違えば、運動をするしないの違いもあります。

自分のライフスタイルがどのような属性なのかと照合して、朝食抜きを検討するようにしてください。

ダイエットに影響の良い朝食抜き以外の方法もご紹介

忙しい日々を送る中で、当然お腹は空くし、でも運動する時間は無い…こんな感じでバランスをとることが難しい状況ってありますよね。結局はダイエットは、それぞれの日常生活との兼ね合いということになるかと思います。

朝食抜きの方法以外で、ダイエットに効果的な方法があるとすれば、例えば、

  • 夜の19時以降は絶対に食べ物は食べない。遅い時間に食べるとしても炭水化物は絶対に食べない
  • 日中に小腹が空いて間食を、という際は無糖の炭酸水やダイエット系のクッキーやチョコを少しだけかじる

といった工夫が必要です。

特に前者は、ダイエットサポートを行っている有名なアスリートからの助言でもあります。これは「これから運動する予定もなく寝るだけなのに、寝る前に食べるのはあり得ない」という単純な理由です。

Aさん
ナルホドです!
応援団長
「ナゼ今からこれを食べる必要があるのか」という合理的な考えで動くと、ダイエットは今より更に加速するかもしれないですね!