お酒大好き女子必見。ダイエットの為に知っておきたいお酒の知識

ダイエット お酒 カロリー
Aさん
実は私・・けっこうお酒が好きなんです・・

でもダイエットの大敵ですよね、多分。

応援団長
先入観で、お酒を飲むこと自体がダイエットをすごく妨げるというイメージはありますよね。

でもそんなこと無いんですよ。

食事に関してはいつも糖質とタンパク質の違いについてご紹介していますよね。

食べ物それぞれ、カロリーの違いもあれば、含まれている栄養素の違いもあります。

実はお酒も同じで、カロリーと使われている材料に違いがあることを知れば、ダイエット中でもある程度は飲んでも大丈夫なお酒を自分で選ぶことができるようになります。

知っておけばそれ以外は飲まないようにすればよいだけなので、これからご紹介しますね!!

ダイエット中のお酒。気をつけるべきは「カロリーと糖質」

人それぞれ好きなお酒って違いますよね。

ビール、カクテル、ワイン、焼酎、日本酒、様々です。

最近は女子会というものも盛んで、お酒が大好きな女性の人口は増えている傾向にあります。

応援団長
でも、体型や美容を気にする一方で、飲み過ぎれば当然太るわけです。

それは、お酒にもカロリーがあり、いつもお伝えしている糖質が含まれているからなんです。

お酒で太る理由は「飲んでいるお酒の種類」

コンビニやスーパーで売っている缶のお酒の成分表示を見たことはあるでしょうか。

そこにはカロリー表示や糖質の含有量が表記されています。

もし見たことが無いという方は、これからは必ずチェックするようにしてください、この習慣が太るということを遠ざけてくれます。

本題ですが、お酒で太る女性の多くは、その飲んでいるお酒の種類に問題があるんです。

ビール

カラカラに乾いた喉にいいですね。最初の乾杯は定番ビールが多いですよね。

カシスオレンジ

甘くて美味しい、そしてオシャレですよね。

ラムコーク

お馴染みコーラにパンチの効いたラム。飲み屋さんでは人気です。

日本酒

日本酒女子なんて言葉もあるぐらい、日本酒を嗜む女性が増えてきました。

さて、他にもお酒の種類はたくさんありますが、ひとまず上の数々、どれならダイエット中でも飲んでOKだと思いますか??

Aさん
イメージとしては甘くないほうがいい気がするから、ビールとか日本酒とか??
応援団長
そうですね。合ってはいます。

でも、上のお酒一連は、極端に言えば全部NGです。

  • ビールは成分を見れば一目瞭然、糖質タップリに加えて超絶ハイカロリー!!
  • カシスオレンジやラムコークは、オレンジジュースやコーラに含まれている砂糖の中に糖質タップリ!!
  • 日本酒はビールに次ぐ糖質とカロリーのオンパレード、しかもビール、からの~日本酒!! というパターンが多々・・
Aさん
うわぁ・・私ビールから日本酒・・
応援団長
シブいですね、笑。

でもダイエットには大敵の組み合わせと言わざるを得ません。

ダイエット中、どのお酒なら飲んでいいの??

応援団長
ズバリ、蒸留酒に絞りましょう。

例えばハイボールに使われているウイスキーが該当しますが、低カロリーで糖質ゼロです。

ブランデーやウォッカも蒸留酒です。

だからといって飲み方は何でも良いわけではありません。

コーラで割ったり、ジンジャエールで割ったりすると、割り物のほうに糖質が含まれている為、気をつけましょう。

理想はただの炭酸か水で割る、ですね。

これは嬉しい、ワインはNGではありません

ワインはそのイメージだけで太ると思っている人が多いようです。

でも実際は低糖質で、これは赤ワインでも白ワインでもどちらにもいえることです。

ただ、ロゼは気をつけたほうがよいですね。

それと、甘口のワインには手を出さないようにしましょう。

ライトボディ、ミディアムボディ、フルボディと表記されている銘柄がオススメです。

最も身近な「ビール」は超危険

これをダメと言われたら悲しい気持ちになるかもしれませんが、ビールはダイエットの大敵です。

最近は乾杯時にハイボールを注文する女性が増えていますよね。

これは、ウィスキーのソーダ割りが糖質ゼロであるという情報が広まったからなんです。

これを飲んでいたら今すぐストップ!! ビールを超える大敵「梅酒」

まさに糖質の塊が「梅酒」です。

その糖質含有量たるや白米約60g相当・・ゴハン一杯分が梅酒たった一杯(90ml)で摂れてしまうという・・危険ですよね。

日本酒も危険信号

日本酒はスタウト系のビール並みにハイカロリーにして糖質タップリです。

また、ビール→日本酒の順番なんて、最強のデッドコンビなので、この習慣がある人は今すぐにストップする必要があります。

応援団長
追記ですが、上でご紹介していないお酒が「カクテル」です。

カクテルの場合は、ベースとなるお酒と割るもので種類が無限にある為、ご照会し切れません。

ただ、気をつけるべきポイントは実にシンプルで、「蒸留酒をベースにして水かソーダで割っているカクテル」を選ぶようにすることです。

うっかり甘い飲み物で割っちゃったりしないよう、気をつけましょう。

お酒を飲んでいる最中や後の食べ物にも注意

お酒が体に入ると感覚が麻痺しがちです。

その結果、いつまでも空腹感があったりして、油物、甘い物、〆にラーメンやチャーハン、なんてパターンが待ち受けているわけです。

応援団長
酔ってはいても、糖質が含まれていない食べ物を肴にするように心掛けましょう。

【コラム】5kg痩せた理由は「ビールを糖質ゼロもしくはオフの発砲性だけにして3ヶ月続けた」

ある男性のお話ですが、身長175cm弱で体重が70kgを超えてしまった時がありました。

筋肉ではなく脂肪で、です。

さすがに具合が悪いことと、体が重く日々が憂鬱になって来た為、ダイエットに踏み切りました。

でも大好きなビールを止められない・・。

そこで、昔は無かった嬉しい商品を見つけたのです。

それがビールテイストの糖質ゼロ、もしくは糖質オフの発泡酒でした。

3ヶ月の間、この糖質制限された発泡酒だけにした結果、見事に5kgの減量に成功しました。

普通のビールを我慢できた理由は、本数を飲んでも太らないから量で満足できたということと、本数を飲むと炭酸で満腹感を覚えて、糖質タップリの食べ物に手を出さなくて済んだからなのだそうです。

応援団長
お酒の種類に気をつけて実際にダイエットに成功した事例です。

このケースですと、カロリーゼロの発泡酒からワインに行くといった流れでも問題ないですね。

参考にしてください!!