ダイエット効果を最大化させるストレッチのハウツー

Aさん
うーん。前回の話でストレッチはダイエットできる方法の一つって分かったけど。例えば開脚で股関節を伸ばすとかだけじゃ全然疲れないから、本当にダイエットできるのか不安です。
応援団長
トレーニングで疲れたり、食事を我慢してストレスを溜めたりしている状態は、確かにダイエットの為に頑張っている感覚を覚えるので、ストレッチしても疲れないという感覚がダイエット効果があるのか疑問に繋がるのは分かります。それでは、今回はストレッチもダイエット効果があるということが分かるメカニズムからアプローチしてみましょうか。どうしてストレッチもダイエットに必要なのか、仕組みが可視化できれば安心ですよね。
Aさん
それが分かれば安心して続けることができそうです!!

ポイント①ストレッチは適切なタイミングで行う

応援団長
ちょっと質問ですが、朝起きていきなりストレッチしますか?
Aさん
伸びはするけど、全身ストレッチなんて寝起きにしんどくてできないですよ~涙
応援団長
そうですよね。しないほうがいいタイミングなので、しなくて大丈夫ですよ。もちろん、猫のように伸びをするぐらいは健康に良いことですが。
Aさん
え、起きてすぐストレッチが効果的とか言われるのかと思いました。

ストレッチはタイミングが重要

応援団長
実はストレッチは、やれば良いというわけではないんです。
  • ストレッチをしやすいタイミング
  • ストレッチが必要なタイミング
応援団長
この2点を覚えておくと良いです。

ストレッチをしやすいタイミング

例えば入浴後は体が温まっている状態です。筋肉のこわばりもほどけている為、このタイミングでストレッチを行うと体を伸ばしやすく、大きな動きができる分、カロリー消費も促せます。また、お風呂の後は気分も温まっている状態の為、このタイミングでストレッチを行うといつもより伸ばせる心地良さが、無意識に入念にストレッチを行う意識を生みます。

応援団長
つまりストレッチという「運動」をしながら「カロリー消費」を行っている状況というわけです。
Aさん
消費してるってことは・・ダイエットしてるんだ!!
応援団長
こんな感じで、ストレスフリーでダイエットの為の行動をとっているわけです。ストレッチをするタイミングは、ストレッチをしていて気持ちが良い、気分が乗るというタイミングを大切にすると良いですよ。後者の「ストレッチが必要なタイミング」はポイント③でご説明しますね。

ポイント②食後すぐの運動は控えて30分を超えてからストレッチを行う

一般的には食後30分は運動は控えるようにしたほうがベターと言われています。ストレッチに関しては、食後すぐにストレッチをすると、本来食べた物の消化活動に回すべき血液が体のあちこちに分散してしまって、消化不良の原因になりかねません。ダイエット中は、食べ過ぎた後に罪悪感を覚えてすぐにこれを帳消しにしようと焦って運動してしまう悪循環な行動パターンをよく耳にしますが、焦らないこともダイエット成功のポイントです。

Aさん
耳が痛いです・・
応援団長
食後は動かない。最低でも30分程度は経過した後に、軽い運動程度がベターです。軽い運動といえば、ストレッチですよね。
Aさん
ストレッチはタイミング、ですね!!

ポイント③運動をする前には必ず入念にストレッチを行う

応援団長
運動前ですからウォーミングアップという位置づけですが、これは、運動中の故障防止目的が全てではないんです。

ストレッチをすると体の各部の可動範囲が広くなります。つまり、普段は使い切れていない筋肉までしっかりと使って運動に挑むことができるということです。当然、動員できる筋肉が普段より多くなる為、カロリーをより効率的に消費できるというわけです。カロリーをたくさん消費できるのは筋肉であるということから考察すれば、ダイエットの為に効率の良いストレッチのタイミングといえます。

特に、股関節のストレッチは非常に重要です。股関節を伸ばすということは、カロリーを消費しやすいハムストリングスや大殿筋といった、大きな繊維が詰まった筋肉を伸ばすということに等しいことです。つまりこの部位を伸ばして柔軟性を高めておけば、これらのパーツを隅々まで使いながら運動できる為、よりカロリー消費が期待できます。

Aさん
たしかに、二の腕シェイプの運動とかよりも、太ももとかお尻の筋肉を使うスクワットのほうが、いつも疲れるし後でお腹が空くかも。カロリーを消費してるからお腹が減るってことですよね!!
応援団長
そうですね。トレーニングの後の空腹具合も、どれだけカロリーをしっかりと消費できたかの判断基準の一つにして良いと思います。どんな内容のトレーニングを行うと空腹を覚えやすいかということは、効率的にカロリーを消費するトレーニングメニューを作る為に合理的な考え方だと思います。
Aさん
私もたまには正解ありますよね!!

ストレッチだけでダイエットを成功させることは至難の業ですが、ストレッチをしなければダイエットの効率は途端に悪くなります。「いつどんなストレッチをするか」ということは念頭に置いてダイエットに挑んだほうが、ダイエットを実現するには効率が良いことなのです。

応援団長
効率の良いダイエットというのは、ストレッチと運動や食事制限の合わせ技、ということになりますね。